住宅宿泊事業/特区民泊運営者向け、「マンスリーマンション運用代行プラン」開始のお知らせ

コロナショックを国内需要で乗り切る

これまでに170万人以上の訪日旅行客の宿泊をソフトウェアを通じてサポートしてきたmatsuri technologies株式会社(本社東京都豊島区、以下matsuri technologies)はこのたび既にスタートをしている「民泊・宿泊事業の買取相談窓口」に加え「マンスリーマンション運用代行」を開始いたします。

当社より、2020年2月20日発表した「民泊・宿泊事業の買取相談窓口」に多くの反響をいただいておりますが、他方「まだ売却までは踏ん切りがつかない」、「とにかく今を凌ぎたい」というお声も多数いただいております。

つきまして、本日2020年3月2日より「マンスリーマンション運用代行プラン」を開始させていただく運びとなりました。

現在、民泊業務に関しましては、弊社も他社と変わらず大きな影響を受けておりますが、平時より「二毛作民泊」をおこなっており、マンスリー運用に関するノウハウを兼ね備えていたことで、国内需要を取り込み損失を最小化できていると考えております。

弊社は以前より、民泊運用の基幹ソフトを提供させていただいており、民泊業界を盛り上げていきたいとの考えのもと、他社様の民泊運用をサポートさせていただいております。

今回の新プランにおきましても、コロナウイルスによる危機を乗り越える手段の一つとなれると考えております。

下記フォームより弊社新サービス「マンスリーマンション運用代行プラン」の資料請求、お問い合わせをいただければ幸いです。

本資料には、弊社における直近のマンスリーの予約実績、具体的な代行開始までの流れを記載させていただいております。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe8j2wxg_iIKJcHzEBhMFF-93zUth95bWHayS0JSJRwHPkVcA/viewform