Airbnb Japan株式会社及びフジメディア・ホールディングス傘下の株式会社ジープラスメディアと業務提携

住宅宿泊業界において国内登録数No.1の住宅宿泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰、以降matsuri technologies)は、この度、Airbnb Japan株式会社(本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以降Airbnb…

二毛作民泊パートナーシップで日本初の民泊・マンスリーファンド設立。ファンドの開発・運用を行う株式会社ファンドクリエーションと運用をスタート

民泊業界において国内登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰)はこの度ファンドの開発・運用を行う株式会社ファンドクリエーション(㈱ファンドクリエーショングループ(証券コード:3266)の100%子会社株式会社ファンドクリエーションhttp://www.fundcreation.co.jp/)と二毛作民泊パートナーシップとして業務提携を結び、民泊とマンスリーを掛け合わせる二毛作運用物件に共同で投資するファンドを本日設立し、運用を開始いたしました。 matsuri technologies…

7/1より宿泊者の本人確認を行う24hサポート機能を追加。民泊事業者向け自動チェックインシステム「m2m check-in」

民泊業界において国内登録数No.1の民泊運営管理システム「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰)は自動チェックインシステム「m2m Check-in」にて2018年6月15日から、弊社の有人コールセンターが宿泊者の本人確認を行う新機能をリリースしました。 この機能により、民泊事業者の本人認証作業が削減され、弊社で認証スタッフを受け持つことになるため、より健全で効率的な民泊が運営可能とまります。 ■「m2m check-in」の3つの特徴 • 業界唯一、本人確認を代行する24h…

2017/12/12 「nimomin」がAPIを公開。マンスリーマンション事業者、不動産管理事業者とのシステム連携を開始。

国内最大級の民泊管理プラットフォームを展開するmatsuri​ ​technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰)は、2017年12月12日に「民泊+短期賃貸」の組み合わせによる集客支援ツール「nimomin」においてマンスリーマンションサイトやシェアハウスサイトなどとデータ連携が可能になる「nimomin API」を公開しました。 ◆nimominとは? 「nimomin」は、来年6月に施行される住宅宿泊事業法にて規制される民泊物件にて、民泊物件を180日間民泊サイトで利用、残り180日間を短期賃貸物件として利用できるようにするための集客支援ツールです。 「民泊+短期賃貸」 の組み合わせで貸し出しを行う「二毛作民泊」を実現します。 nimominを利用することで、民泊サイトだけでなく各種短期賃貸賃貸サイトにも物件を掲載することが可能となり、民泊繁忙期の18…